第43期名人戦挑戦手合-第二局の一日目

第43期名人戦、七番勝負の第二局目が始まりました。
第一局を勝った名人が連勝して防衛に弾みをつけるか、
張栩九段が盛り返して1-1にして仕切り直しになるか楽しみな一戦です。
黒が張栩九段、白が井山名人です。

対局棋譜動画

観戦感想

下辺が一段落ついての
白1の三々に直接入る手法、
AIのおかげで最近では当たり前に打たれていますね。

ちょっと前までは即三々入りなど、
厚みをバックに辺が地模様化するので、悪いと怒られていたものですが、
最近だと左辺下方が低位なので白も悪くないに評価が変わってきています。

黒4でハネるのは古く最近はノビるのが流行らしいですね。
ちょっと前まで黒4で7にケイマする形が流行ってた気がします。

黒6まで4本張って白7に手抜きで黒8と押し上げました。
上辺白からの追究は怖くないということみたいですね。
この後白がハネあげますが黒もノータイムでハネでした。

「四目の頭ハネさせてよし」とは、幽玄の間の解説の三村九段の冗談格言です(笑

盤面進んで左下隅を両ガカリから進行中に黒が下辺でコウを仕掛けました。
このコウは最終的には黒が勝ちますが、双方がコウは譲りつつも優勢になるように
打ち進めていて、手順がとても奥が深いようです。
残念ながら、私にはその奥深さがさっぱりわかりませんでしたが(笑

この後、黒が右辺を一旦の地とし、白が左辺を拡大しつつ
上辺にシチョウの逃げ出しをにらんでの攻防に発展していきました。
その攻防の途中黒が△と飛んだところで封じ手となりました。

当たらないであろう封じ手予想。
白Aでワリツイで、左辺の攻めでも狙うとかどうでしょう?

明日の二日目も楽しみです。

第43期名人戦挑戦手合まとめ記事はこちら。

Scroll Up