第43期名人戦挑戦手合-第六局

名人戦挑戦手合第六局の二日目の観戦感想記事です。
黒が張栩挑戦者、白が井山名人です。

対局棋譜動画

封じ手

解説予想はA-Eの5つ、私の予想はBorDでしたがハズレました。
黒の封じ手は黒△の下がり。
白△の受けが絶対なので、その次の手やその先の読みを、
1日目の夜を使って考えることができるという手だったようです。

黒がペースを握った局面

局面進んで上辺が一段落して、黒1と右辺に打ち込んだところです。
白2と遮断しますが、黒3と悠々飛んで、この黒が早々取られることはなさそうです。

ここで、黒がペースを握って形勢もやや黒持ちな流れになった気がします。

黒優勢気味に大ヨセに


黒が主導権を握ったまま局面が進んでいます。
黒1の出切りが強烈。白は抵抗できずに、黒5まで。
白3子を切り取り地合優勢に、白も6・8と要所を打ちますが、
黒9と切り取った白3子の動き出しを阻止して黒11から大ヨセに入りました。
黒11の時点で黒が盤10ぐらい良さそうな感じですね。

白の勝負手

前図の黒11の直後に白1と出たのが劣勢とみた。井山名人の勝負手です。
黒も2,4と反発して決戦モードになりました。
右下の白の死活も絡んでコウになりそうな感じですね。

コウ発生


進んで、黒がAとハネ、白が△とコウを取り、
右下白の死活がかかったコウが発生しました。

ただ、黒は左上隅と右上隅にコウ材が豊富で、
白がコウに勝てるか厳しそうな感じです。

白も右下隅に結構コウ材はありそうですが、どうなるのでしょう?

黒の計算


コウ争いが続きましたが、黒1とツギ、白2となって
右下の白が生きて、コウ争いは終わりました。

コウ材は黒のほうが多そうでしたが、黒1は張栩挑戦者がヨセの計算をした上で
確実に残ると読み切っての安全策だったようです。

白投了、張栩挑戦者が勝ち、
スコアを五分に戻して最終局へ


その後、少し打ち続けられましたが、
白の逆転は難しく、黒△をみて、井山名人が投了しました。

これでスコアタイとして決着は第七局にもつれ込みました。

この碁は中盤、右辺への打ち込みから張栩挑戦者が、
ペースを握りそのまま確実に決めきった好局でしたね。

名人戦の第七局は、月が変わって、11月1日から11月2日にかけて打たれます。
約二ヶ月に渡って繰り広げられてきた名人戦の決着までもう少しです。

最終局、井山名人が制して防衛を成すのか、
聴雨挑戦者が勝ち、10年ぶりの復位となるのか楽しみですね。

Scroll Up