第66期王座戦、第一局は一力挑戦者が二目半勝ち!

第66期王座戦挑戦手合が始まりました。
タイトル保持者は、井山裕太王座。挑戦者は一力遼八段です。

黒が井山王座、白が一力挑戦者です。
激戦の末、一力挑戦者が二目半勝ちとなった一局を振り返ってみたいと思います。

対局棋譜動画

第一ラウンド勃発


下辺から中央にかけて競り合った後、黒が△と打ち込んだところから
序盤の第一ラウンドが始まります。
直前の下辺の競り合いは、少し白の足が遅い感じのようでしたが、
できた形はいい分かれのようですね。

白の厳しい追求

打ち込まれた当初は、白が感銘に下辺の実利を取り
黒を中央に追い出す流れかなと思われましたが、
白1から3の追求が厳しく黒が対応に苦慮している感じに。
黒8では下辺を切って(白9の一路横)反撃する手も検討されていましたが、
実際は黒8と引き、中央に出る手とキリを見合いにしました。

白決めに行き、中央がコウに

白1とハネ出して、中央をコウ含みで決めに行きました。
右辺からの黒の大石の死活が絡むので、黒は負けられず
白も勝てずともどこかで利益をしっかり取りたいところでした。

黒に好手、白決め損なう


コウ争いが続いていましたが、

黒4のコウ材が好手(直前白1の一路横のツケも好手でした。)
この手でコウ材も増え、白がコウを勝つのは難しくなりました。
中央のコウが解決した形を見てみましょう。

黒が中央を制して、優勢か?

中央のコウを黒がツギ、やや進んで、黒△と中央一帯を黒が制した局面です。
白も対価に上辺を取りフリカワリの形になりましたが、
地合的にやや黒が打ちやすい様に見られます。
しかし、ここから白の素晴らしい粘り腰が見られました。

白盛り返して形勢微差に


白△までとなった局面。
先程までの黒の優勢が消えています。

手順は載せれませんでしたが、途中白がAとハネた手が、
左上の黒の一団と上辺黒Bの一団どちらかを取れる
見合いの手となりBの一団を取り込みました。

そして白△と左辺を一杯に囲って形勢微差まで接近しています。

白の好手、上辺まとめて微差リードに


黒が1とアテた手は、上辺をコウにするのを狙った手でしたが、
続く白2が見事なカウンターでした。
コウになるまでもなく中の黒は無条件で死となる好手でした。
これで黒1が持ち込みで黒がコミを出すのが相当厳しくなりました。

白逃げ切り、二目半勝ち

その後、黒も左辺を削って粘ってヨセましたが、白が堅実に受け流して
黒△のツギまででゴールイン。結果白の二目半勝ちとなりました。


おまけで手入れとダメまで詰めるとこんな感じですね。

一力挑戦者は昨年末から、今年の年明けまでの三タイトル連続で、
井山王座と争っていましたが、そこでの恐怖のタイトル戦12連敗を乗り越え
ついに一勝をもぎ取りました。

いや、すごいですね。
同じ相手に大きな舞台で12連敗もしたら、
心が折れてしまいそうですが、折れずに再び挑戦者として出てきて
価値ある一勝をもぎ取ることになりました。
王座戦はまだ始まったばかりですが、一力挑戦者がこのまま波にのるのか
井山王座が返して、イーブンとするのか楽しみです。

王座戦の第二局は、2週間ほど間が空いて11月17日(土)に行われます。
なお、週明けの10月29日(月)には、天元戦の第二局が行われます。

Scroll Up