第43期棋聖戦挑戦手合-第六局-山下挑戦者の中押し勝ち

先週の結果ですが、第43期棋聖戦挑戦手合の第六局の結果です。
山下挑戦者が追い上げてシリーズスコアが3-2まで競ってきていた第六局。
結果は白番山下挑戦者の中押し勝ちとなりました。
逆転となった対局後半のハイライトを解説したいと思います。

対局棋譜動画

封じ手


封じ手は白△でした。
私の予想はAでしたが、より強く下辺の黒を攻めようという手のようです。

本局最後のハイライト


局面一気に最終面ですが、
黒優勢の状態で進んでいた局面に白が繰り出した勝負手がすごいですね。
黒△のツケに手抜きで白1。
左上隅の白石と絡めてどうにかしようという手。


黒Aのアテに白△とおいていよいよ事件になりそうです。
黒は左上隅の1子を逃げ出さないと部分的に死になりますが
どうなるのでしょう。

1手寄せコウ


結果はこの図になりました。
黒から1手寄せのコウになりましたね。

ぱっと見で大きなコウ材は、黒のほうが多そうで
これが本コウなら黒安心なのですが、1手寄せないといけないコウのが
黒にとって辛いところです。


最終譜です。
白△と取りにより、左上隅と中央が両コウになりました。
黒は中央のコウに勝ちつつ、左上隅も1手ヨセて勝たねばならず、
さすがにこれではコウ材が足りないため、ここで投了となりました。

ハイライト図前までは黒が勝勢目前と言われていたため、
井山棋聖にとっては、悔しい逆転負けに、なってしまったと言えるでしょう。

山下挑戦者が本局を勝ったことにより、
第43期棋聖戦は最終局の第七局にもつれ込みました。

囲碁ファンとしては非常に嬉しい展開ですね。
さて、泣いても笑っても最後の第七局はどうなったのでしょう?

Scroll Up