星・小ゲイマ両カカリ1星にケイマでカカリ、
ハサまれたあとの簡単な変化について解説します。

今回は両ガガリを行い、転進する方法を教えます。
両ガカリする上では片方の石は捨石と考えることが大切です。

ハサミに対して、両ガカリを選ぶ場合の考え方

星・小ゲイマ両カカリ1黒1とカカリ、白2のハサミに対して、
黒3と一間に両ガガリする場合の考え方は、
隅の実利を取りながら中央への影響力を残す場合に打たれます。

基本的に黒1とカカった石は捨石と考えましょう。
星・小ゲイマ両カカリ1-2
黒3の両ガガリに対して、白が簡明に受けるのならば、
白4のツケが一番よいです。

黒5と一回ハネるのがポイント。
白は、何があっても白6と切ります。

ここで黒7とツケて隅の実利を貰います。
白8としっかり黒1の石を制します。

ここで欲張って白9とすると白がハマり形になるので注意。

黒9と隅を取って一段落。
定石はここまでです。

両ガカリした定石の結果

黒は右辺と隅を取って実利+発展の余地。
白は隅は取られたものの、同等の地を左辺にもって治まっています。

中央への勢力は双方互角で未知数ですが、
やや黒のほうが勢力を作りやすいです。

その理由は黒1の捨石にあります。

両ガカリしたあとの捨石の活用方法

星・小ゲイマ両カカリ1-3黒1の捨石はまだまだ利用価値があります。

定石後に、黒から1のサガリと3のアテがキキとして残っているのがポイント。
白としては、他によほど大きいところがないと、
手抜きができないので白2・4と受けます。

ということは黒は右辺から上辺にかけての勢力が期待できるということになります。

この定石を打つ場合は、地の確保だけではなく、
キカせたあとのこの図も想定して、
右辺に模様を作ることができるということも覚えておきましょう。